学びのメソッド:02「保育者から学ぶ」

「次世代のこころを育てる」保育者としての使命

幼稚園は教育の第一歩。
ここで出会う保育者は、子どもたちにとっての「初めての先生」といえます。
これからの世界を担っていく「次世代のこころを育てる」そういった使命感で臨んでいます。

挨拶は大事なコミュニケーション

園生活は元気の良い挨拶から始まります。
玄関、スクールバス、教室・・・。足を揃え、相手の目を見てお辞儀。目と目を合わせると自然と笑顔になり、挨拶をした方も、された方も気持ちが良いものです。

その大切さを日々確認しながら一人ひとり自然と挨拶が身に付き、どこへ行っても自分から挨拶ができるようになっていきます。

丁寧な言葉で話す

あらゆる方向にアンテナを張り、吸収しようとするのが幼児です。意味がわからなくても、面白い・格好いいというだけで、保護者の方がヒヤヒヤしてしまう言葉を使う時期があるでしょう。

相手のことを考えて、絶対つかってはいけない言葉遣いもありますが、大半は状況・相手を判断し、使い分けています。保育者は丁寧かつ正確な日本語を使うよう気をつけています。(遊びの時は多少くだけますが・・・)

良いところ探しができる子に

保育者は常日頃、子ども一人ひとりの良いところ探しをしています。それは、その子にとっての輝きを引き出すツボとも言えます。
何かができる、ということだけではなく「優しさ」「我慢強さ」「気遣い」「自主性」などそれぞれです。

ちょっとしたことも良いことは伝え、認めることでその子自身の自己肯定感に繋がります。
そして、自らの体験から友だちの良い所を見つけ、認められるような子に育っていくのです。

落ち着いて人の話を聞ける子に

これは充足感が得られ、集中できる遊びの時間とも関連します。子どもは遊びを通し、興味・関心の幅が広がり、探究心も出てきます。話を最後まで聞いてくれる相手がいることで、話を聞く耳を持てるようになります。

また、年齢と共に「今何をする時間か」に自分で気づき、雰囲気を察して行動できるようにもなっていきます。落ち着いて人の話を聞くこと、就学前に是非とも身に付けたい姿勢です。

Next:年少〜年長の関わりから学ぶ
みんなの声

川越幼稚園を選んだ理由を教えてください。

通りがかりに先生の姿を見て

家が近所なので、毎日通るたびに先生がたが遊具をふいたり、砂場をきれいにしたり、片づけ後もすべてにシートをかけている姿を見ていました。夏場は砂場に蚊取線香をたくなどの様子を見て、信頼して預けられると感じました。 年少さんのお母さん

  • 学びのメソッド
  • 園長挨拶・教育方針
  • 自然と遊びから学ぶ
  • 保育者から学ぶ
  • 年少〜年長の関わりから学ぶ
  • 園のご案内
  • 概要
  • 保育時間
  • 延長保育
  • 沿革
  • 施設案内
  • 募集案内
  • 募集案内
  • 園児納入金
  • 入園説明会
  • 途中入園
  • 幼稚園のいちにち
  • ふだんのいちにち
  • 課外授業
  • マザースクール
  • 一年のアルバム
  • 年間行事と自然園の四季
  • 幼稚園に遊びにきてね
  • なかよし会(プレ幼稚園)
  • 見学会
  • よくあるご質問
  • 採用情報
  • サイトマップ
みんなの声
土とお日さまとお友だち